口の健康のために知っておきたいこと

 

治療した歯にムシ歯が再発するのはなぜなのでしょうか?

 日本の小児のムシ歯罹患率は他の国と比較して極めて高いのです。その原因の一つに、歯科医は「病気の結果」であるムシ歯の穴を人工材料で詰めて修繕しているだけで、「ムシ歯の原因」を取り除いてはいなかったのです。これでは幾ら詰めものをしても再びその周りからムシ歯ができてしまいます。

 あなたはムシ歯を削って詰めて(充填)貰いました。ムシ歯の予防法は何も教えてもらえず治療は終わりました。歯科医は、「もし何か問題が起これば来て下さい」と言いました。
 「病気の原因に対応せずに病気の結果であるムシ歯の穴を詰めたり、被せたりすること(修繕)が歯科医の仕事」と思っている歯科医であれば、歯科医は収入に繋がりますが、あなたはムシ歯が再発するだけで何の利益も得られません。


        抜歯.イラスト    

   再治療のたびに修繕する箇所は大きくなり、再治療はやがて歯の神経を取らなくてはならなくなり、先述のように、その歯は根尖病巣、歯根破折、抜歯という運命を辿ります。同じ歯を5回治療すれば歯の傷は大きくなりその歯は抜かなくてはならなくなると言われます(sheiham,1994)。あなたは歯科医院にかかり続け、保険ではできない高価な金の詰めものや自然の歯と変わらない瀬戸物の歯をしてもらったにもかかわらず、治療した歯が次々と駄目になり抜歯する歯が増えていきます。

  良好ですよ.イラスト
     ムシ歯の原因を取り除く治療


  唾液細菌検査は歯科治療に必須です

 ムシ歯は種々の要因が幾重にも重なって発症し、その要因の個々の大きさや重なり具合は個体によって異なります。したがって、個体ごとに各要因の力関係を唾液検査(リスク診断)で知り、その結果から予知性の高い予防プログラムと治療方針を立てるのです。このように唾液検査はムシ歯になる危険性がどの程度その個人に存在するかを明らかにすることができるのです(熊谷、1996)。すなわち、あなたはどのようなことでムシ歯が生じたのか、また、生じる危険性があるのかを知るための重要な情報を得ることができるのです。


 1例を挙げて説明しましょう。小学校4年生の子供さんが学校の口腔検診で『11本ムシ歯があるから治療して下さい』と通知を貰いました。お母さんが口の中を覗いても11本もムシ歯が見つからないので相談にこられました。(図1)は、口腔写真と唾液検査の結果です。この時既に4本の銀の詰め物がしてありました。リスク検査の結果は、ムシ歯の原因菌は大変少なく、口腔環境も良好であることが分かりました。検査結果からこの患者さんには、フッ素の入った歯磨材で一日2回正しく歯磨きをすればムシ歯はこれ以上進まないと診断し、フッ素を使った正しい口腔清掃法をお教えし、以後3月ごとに継続管理をしています。 
  ムシ歯の穴を詰めるだけではムシ歯は再発し治療したことにはならないのです。ムシ歯の主原因の細菌を滅し、口腔環境を改善することが大切なのです。

  (図1)
  図1


BACK INDEX NEXT